アンチエイジングとは、ひとつの生き方です。

トップページ > よくあるご質問 > グルタチオン点滴療法について

よくあるご質問

グルタチオン点滴療法について

  • グルタチオン療法はパーキンソン病に効果があるのですか?
  • グルタチオンは、抗酸化物質のひとつであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っております。パーキンソン病の患者様の脳内では、このグルタチオンが減少していることがわかっており、グルタチオンの点滴により著明に症状が改善した例も多く見られます。しかし、治療効果はさまざまで、劇的な効果が認められる場合も、ほとんど無効である場合もあります。現在、アメリカでは臨床試験が行われています。
  • グルタチオンとは何ですか?
  • グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。強力な抗酸化作用があるので、人間の身体を錆びつきから守ってくれる代表的な物質です。免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もありますが、一般に20代をピークに加齢とともに減少していきます。
  • グルタチオン療法は具体的にどのくらいの頻度で行うものですか?
  • 疾患や目的により異なりますが、グルタチオン療法は、週に1〜3回の頻度が理想的です。
    1回の所要時間は濃度により異なりますが、高濃度の場合でも30分程度となります(初回は副作用の出現をよく観察するため、もう少しお時間がかかります)。濃度が低い場合は10〜15分程度です。
    パーキンソン病の場合、低濃度から始めて徐々に増量、通常は1400〜1600mgを点滴で投与します。この投与量は通常投与量の数10倍になります。頻度は週に2〜3回、約3ヶ月間行います。病状の改善が認められれば、その後は維持プログラムとして週に1〜2回のペースで治療します。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することもあります。有効率は40〜60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。
  • グルタチオン療法の副作用はどのようなものがありますか?
  • 極稀に一過性の頭痛や吐き気が出ることがありますが、投与中止によりおさまります。
  • 日本の製剤と外国のものではどうちがうのですか?
  • 国内製剤のグルタチオンには、保存剤が含まれております。
    治療としてグルタチオンを使用する場合、高濃度で点滴をするため国内製剤のものの場合保存剤も大量に体内に入ることとなってしまいます。大量の保存剤による副作用の出現も否定できません。国内製剤の方が安価ですが、定期的に投与を続ける場合は、保存剤を含まない外国製のグルタチオンを使用することをお勧めいたします。当クリニックでは、もちろん保存剤の入っていないグルタチオン製剤を使用しております 。
  • お酒が大好きです。やはりグルタチオン点滴をしたほうがよいですか?
  • アルコールの解毒というのは、肝臓にとっては「負担のかかる余分な仕事」の一つです。グルタチオンには、肝臓の解毒を助ける働きもあるため肝障害の方や将来の肝障害を少しでも予防する目的でグルタチオン点滴を受けられている方もたくさんいらっしゃいます。
「グルタチオン点滴療法」詳細ページへ

「グルタチオン点滴療法」について、ご不明点等ございましたら、
いつでもお気軽にご相談ください。

  1. お問い合わせ
  2. 無料個別相談会
  3. 診療のご予約